佐世保・長崎で過払い金請求や自己破産など債務整理のご相談は

運営:山口・深江事務所 バス停「谷郷町」徒歩2分・「松浦町」3分

メールでのお問い合わせ

自己破産で自宅の任意売却後に残った900万円の残債を免責にした事例

Jさん夫婦(60代)

相談前状況

家族で住む家を購入のため配偶者を連帯保証人として住宅ローンを組んだものの、ステップアップ返済による返済額の増加が苦しくなり、また体調も崩して転職をせざるを得なくなったため、住宅ローンの返済のためにクレジットカードや消費者金融から借り入れを行うようになった。このままでは返済できなくなると考え、自宅は不動産会社を通して任意売却したが、それでも約900万円の債務が残った。

解決方法

夫婦や家族の収入が法テラスの法律扶助基準以下(詳しくはお問い合わせください)であったので、法律扶助を申請し、そのうえで債務や資産調査のうえ、夫婦ともに自己破産を申請。

解決後状況

住宅を手放す結果にはなったものの、すでにめぼしい資産が無かったこともあり、自己破産と免責許可が出て、ローンの負担が無くなりました。自己破産の手続き費用は法テラスへ毎月1万円(無利息)の支払いで済むこともあり、老後の大きな悩みが無くなった、と大変感謝され終了しました。

<p class="mb30"><a href="/free/"><img src="https://sasebo-saimu.com/wp-content/uploads/2014/07/bnr03.jpg" alt="無料相談受付中" width="705" height="202" /></a></p>

債務整理 無料相談  受付中!

事務所案内

料金表

ご相談の流れ

解決事例

佐世保の司法書士による債務整理ブログ