佐世保・長崎で過払い金請求や自己破産など債務整理のご相談は

運営:山口・深江事務所 バス停「谷郷町」徒歩2分・「松浦町」3分

メールでのお問い合わせ

ティー・アンド・エスからの請求通知があった場合

株式会社ティー・アンド・エスは東京都港区芝大門に本社があり、東京都知事に貸金業登録を行っております。

 

長崎県佐世保地区でこの業者からの相談がある場合は、他社から債権譲渡を受けたとしての通知が届いた、というケースです。

 

以前、佐世保地区に非常に多かった日掛け金融業者(アイシン、パル・コーポレーション等)の保証会社であった長崎市の「信用情報センター」から北海道苫小牧市の「エイシン産業」を経てティー・アンド・エスという形で、転々と債権譲渡がされている、という主張が多いかと思います。

 

この業者の特徴は、債務者に対して短期間に郵便で通知を連続して送ってくる、という事です。

 

ティー・アンド・エスの特徴

この業者の特徴は、債務者に対して短期間に郵便で通知を連続して送ってくる、という事です。

 

通知文書タイトルの実例をあげます。なお日付は書面記載の日付です。

 

H27.1.22 エイシン産業からティー・アンド・エスへ「債権譲渡及び債権譲受通知書」を「ティー・アンド・エス」から債務者へ送付。

H27.2.5 「債権譲渡通知はお読みですか」

H27.2.12「ご連絡」

H27.2.19「最後通告書」

H27.2.26「訪問に関するご連絡」

H27.3.5 「訪問予告通知」

H27.4.17「訪問予告通知」

 

ティー・アンド・エスへの対応

ティー・アンド・エスからの最初の連絡書面には「追加融資のご相談にも対応」という記載があり、あたかも、請求分の返済ができない場合は融資で、と思える記載です。

一方、連絡をしなければ、毎週のように通知文書を送り、内容も実際に訪問してくることを匂わせるような内容になるなど、緊迫感を漂わせるような文書です。

しかし、過去、当事務所で取り扱ったケースでは、全て最終の取引日から5年以上経過しており、14年以上経過しているものもありました。

そのため、時効消滅の内容証明郵便を送ることで終了しました。

 

連絡を求める書面を債務者に送付するのは、ティー・アンド・エスへ連絡をさせることで時効を中断させ(支払の約束をした時点で時効中断します)、支払いを求めるためです。

しかし、実際には消滅時効を援用すれば支払わずに終わるケースが多いかと思われます。

ティー・アンド・エスから通知文書が来た場合は、ティー・アンド・エスに連絡する前に、ぜひ当事務所までご相談ください。

 

<p class="mb30"><a href="/free/"><img src="https://sasebo-saimu.com/wp-content/uploads/2014/07/bnr03.jpg" alt="無料相談受付中" width="705" height="202" /></a></p>

債務整理 無料相談  受付中!

事務所案内

料金表

ご相談の流れ

解決事例

佐世保の司法書士による債務整理ブログ